スーパービューティになる秘密

下顔面を小さくして小顔にします

この小顔化の技術は歯医者にしか出来ません。何故ならば下ぶくれ顔の本当の原因は口の中にあるからです。だから外からいくらマッサージをしても、ちっとも小顔になりません。実際にどうするのか?

舌が反射的に避けないように舌に当たる上下の歯の出っ張った部分を研磨削合します。

それで舌は上顎の口蓋にピッタリと収まります。すると舌を持ち上げられる様になります。それに伴いたるんだ筋肉を口の中から上に引き上げることが出来ます。下顎の筋肉をほとんどキレイに持ち上げてたるみが無い状態をキープ出来るまでにします。次に頬の筋肉の硬さを取ります。舌が上顎にピタリと着くと、奥歯が上下で嚙みしめなくなり、頬の筋肉が力こぶが無くなりゆるみます。すると筋肉が内側へ入りやすくなり、上下の奥歯の隙間に入ります。そのまま陰圧にすると自然に頬が凹み頬骨が見える程スッキリと落込みます。顎、頬、の次は唇です。唇の内側に当たっている上下の前歯の尖がりや出っ張りを研磨して筋肉が反射的に避けない様に調節して、上下の口唇がしっかりと閉じて粘膜面同士がくっつく様にする。

勿論口腔内は陰圧のままです。それできりりと端を結んだ凛々しい口唇を作れます。すると下唇の延長にあるオトガイも力が入って細くなり、先細りの小顔が出来ます。この様な順序で下膨れの顔が小顔に変身出来ますが、但し自分1人だけでこの様な作業をするのは至難の業でしょう。口腔内の反射を起こす原因の歯の削合研磨を施す事が大前提だからです。その技術をマスターした歯医者さんへ行って下さい。

普通の歯科医院にいきなり行っても恐らく相手にされません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP