スーパービューティになる秘密

小顔美人は歯科で簡単に作られる

うりざね顔の作り方

うりざね顔(瓜実顔)とは江戸時代から昭和にかけて美人顔の代名詞で使われていました。

今では逆卵形とか細顎顔やシャープな尖った顎などで使われています。

要するに逆三角形の顔形です。

余程のえら張顔でない限り、普通の人ならうりざね顔に導くことは可能です。

多くの場合 頬のたるみと下顎のたるみで逆三角形の輪郭になれない原因です。

それを治す方法は舌を口蓋に付ける事。首を真上に伸ばす事。やや上向きに顎を上げる事

そして最後には吸啜運動訓練です。

これらの事を先に出来る様に体を治しておいてから、毎日の1分〜2分の訓練で見違えるほど小顔化してゆきます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP